みなさまこんにちは。


さて、わがプジョー308SWは本国のモデルチェンジで7人乗りが廃止されてしまい、一体次の車はどうすればいいのかと途方に暮れざるを得ない今日この頃であります。

そんな私の気持ちを知ってか知らずか、いま欧州ではプレミアムブランドによるMPVやミニバンの計画が相次いでおりまして、2015年〜2016年にかけて次々とリリースされそうな勢いなのです。

実は、ヨーロッパのプレミアムブランドのミニバンってほとんど存在しなかったんですよね。

メルセデスにはVクラスやRクラスといったミニバンがありますが、Vクラスは商用バンの派生モデルだし、Rクラスは日本や米国ではすでに販売を終了し、次期モデルも存在しないと言われています。

他には、BMWのX5やアウディQ7、ボルボXC90なんかがあるのですが、これらは高級SUVなので、ターゲット顧客も価格帯もミニバンとは異なります。メルセデスのEクラスワゴンは一部のグレードでサードシートをオプション装着できるのですが、あくまでもオプションです。

そこそこ高年収の車好きで、いままでBMWの3シリーズとかアウディのS3あたりでカーライフを楽しんでいたものの、子どもが3人にも4人にもなったりとか、親の介護などで急に身内の送迎が必要になったりとか。

人も荷物も積みたいけれど、かといってステーションワゴンじゃ役不足だけど、バン派生車種のミニバンは嫌だし。でも2台持ちや高級SUVはちょっと考えられない。

そういう人が、「あのフォードのミニバン何ていうの?C-MAX?へー、そんなのあるんだ。」みたいな人がですよ、いままでまったく関心がなかったミニバン市場を見渡してみると、なんだ、フォードやフォルクスワーゲンやプジョーやシトロエンやオペル/ヴォクソールしかないじゃないか、と。

私はメルセデスもBMWも保有したことがないので想像の域を出ませんが、やっぱり高級車に慣れちゃうと、大衆車ブランドではなかなか満足できないんじゃないでしょうか。だから、プレミアムブランドのミニバンの需要ってそれなりにあると思うんですよね。

ちなみに、ドイツで一番売れているMPV(多目的自動車)はトゥーランでもC-MAXでもなく、メルセデスのBクラスなんです。Bクラス。ドイツでは1.6リッターガソリン車が19%のVAT混みで27,000ユーロ(約380万円)から。


2015 B-Class Facelift Benchmarked Against Current Model
- Auto Evolution -

Bクラスはロングボディの7人乗り仕様も検討されているとの噂はありますが、まだ噂の域を出ておらず詳細は不明です。ちなみに現行Bクラスは2015年のフェイスリフトが予定されています。このタイミングでロングボディがリリースされるのでしょうか。
New Mercedes B Class to spawn 7 Seat Version
- carsuk -

そして、BMWは同社史上初の前輪駆動車となる2シリーズアクティブツアラーを発表済みです。当初発売されるのは5人乗りだけですが、ロングボディの7人乗りも開発が進んでおり、スパイショットが捉えられています。

こちらが2SATのショート版。


下の画像の右側がロングです。微妙な違いですが、ロングはリアクォーターウインドウの形が異なります。


このように、メルセデスもBMWも、MPVやミニバンのリリースによってファミリー層の獲得に向けて着々と駒を動かしているのであります。

もちろん大衆車ブランドも黙ってはいません。

ルノーは、エスパスの次期型をInitiale Parisというブランド名を冠したプレミアムブランドとして発売予定ですし、フォードもラージミニバンのS-MAXを高級化したS-MAX Vignaleを発売予定です。

こちらがルノーInitiale Paris Concept。量産モデルはパリショーで発表予定です。


こちらがフォードのS-MAX Vignale Concept。


ルノーとフォードの取り組みの詳細はこちらにまとめてあります。

さて、ここまでで登場していない欧州のプレミアムブランドといえば。

そう、アウディですね。

現在のアウディのラインナップにはMPVは存在しないのですが、グループにはフォルクスワーゲンのシャランやトゥーランがあるし、開発は難しくなさそうです。

と思って探したらありました。

アウディもMQBプラットフォームを採用したMPVを2016年の発売に向けて開発中だということです。パッケージングは6人乗りまたは7人乗りで前輪駆動とに加えて4輪駆動も用意されるようです。

Audi's 7-seater luxury MPV to enter production in 2016
- On Cars -

Audi’s 7-Seater MPV to Arrive in 2016
- National Tyres & Autocare -

アウディのミニバンは「V4」という名前になると予想されていますが、これはまだわかりません。いずれにせよ、価格帯は「エントリーレベル」ということですので、一般庶民にも手の届く価格になるのではないでしょうか。

これは日本のユーザーにも響くでしょう。なにせ500万円以下の7人乗り輸入車って、正規輸入のドイツ車ではフォルクスワーゲンのトゥーランとシャラン、メルセデスのVクラスの3車種しかありませんからね。

というわけで、相次ぐ高級車ブランドの参入によって既に血みどろのレッドオーシャンと化しているCセグメントハッチバック市場に加えて、ミニバン市場も群雄割拠の大競争市場に突入するようです。

メーカーにとっては大変ですが、我々消費者にとっては選択肢が増えるのは喜ばしいことですね。